虫干ししたい

一ヶ月に1記事は書こうと思っていましたが、間が開きましたね。

その間、大型改変に合わせてのタイトなスケジュールで大変な目に遭っていたり、妻の祖母が亡くなったりてんやわんやでした。

7月の頭でリリースが終わったと思ったら、直したところを戻したいとか、もう一つだけ機能を盛り込みたいとか息つく暇もありませぬ。

で、3連休はゆっくり出来ると思ったのですが、実家でもらった

arcimboldo2017.jp

のチケットが8月5日までだったので、行けるときに行っとこうと出かけたのですが混んでますね。

おまけに西洋美術館、広い。

調子に乗って常設展も見てきましたが、新館とか増えていて結構歩きました。

で、家に帰ると小さい蛾が10匹ほど壁にいたので、よく見るけどどこから入ってきているんだろうと思ったのですが、これ

ノシメマダラメイガ - Wikipedia

が米に湧いたようです。

以前も田舎から送ってもらった米に湧いたときがあって、二階の一室に新聞紙を広げて選別したりしたのですが、その時の容量で少しずつ米を広げては選別して幼虫とサナギなど選別しました。

米をすくってはざるで振ってから新聞紙に広げて幼虫、サナギ、くず米になって閉まった物を選別して良い物は別の袋に入れて冷蔵庫へ。

延々、12時頃まで繰り返し何とか選別しました。

捕った幼虫はペットボトルに入れて殺虫剤して捨てたのですが、釣りをしている義理の弟だったらえさとしてあげたら喜んだのかなと思ったりしました。

苦労した勝利の記念にペットボトルの幼虫の写真と動画で取ったのですが、翌日会った友だちにできごとを話すついでに証拠写真見るかと訪ねると誰も見てくれません。

がんばったんだけどなぁ